東南アジアでのSNS運用代行、調査、PR、訪日客誘客支援

特派員レポート資料請求・お問い合わせ

REPORT特派員レポート

香港

2018.04.17

你好(ネイホウ)!香港特派員の詩織です。
先日初めてタイ旅行へ行きました。香港とタイは同じアジアではありますが、実際に旅行してみて様々な「違い」を感じました。そこで今回は、日本から香港もしくはタイ、タイから香港の市場進出のヒントとなる私香港特派員の目線で気づいたタイと香港の違いをご紹介致します!

  • READ MORE

2018.04.03

你好(ネイホウ)!アジアクリック・香港特派員の詩織です。
皆さんは香港の女性が日本ブランドのコスメを愛用しているのをご存知でしょうか?その中でも日本でお手頃な価格で良品質なコスメを生産している「CANMAKE TOKYO」は、香港のみならずアセアン全域で人気です。
そこで今回は、「CANMAKE TOKYO」が香港で成功した2つの理由をご紹介致します!

  • READ MORE

2017.10.03

你好(ネイホウ)!アジアクリック・香港特派員の詩織です。

日本へ観光する香港人は毎年増加しており、2016年の訪日香港人観光客数は1,839,189人と前年比は20%を超えているのです(観光庁調べ)。その約81%がリピーターなのですが、初めて日本を訪れる人でもリピーターでも、日本へ行く前に必ず様々な日本の観光情報を調べます。そこで今回は、訪日香港人観光客の情報源となっているFacebookページ『喜愛日本 Like Japan』をご紹介致します。

  • READ MORE

2017.09.19

你好(ネイホウ)!アジアクリック・香港特派員の詩織です。

香港では、毎年夏に様々な展示会が開催されています。その内の1つに私が今年参加した『HONG KONG BOOK FAIR』というものがあり、37以上の国と地域、そして670社もの企業が出展しているため、豊富な種類の本を購入することができます。そこで今回は、『HONG KONG BOOK FAIR』で出品されているものからわかる、香港人が魅力的に感じる本のテーマと体験についてご紹介致します!

  • READ MORE

2017.09.05

你好(ネイホウ)!アジアクリック・香港特派員の詩織です。

以前、香港の女性に抹茶スイーツが人気であるということをご紹介致しました。
▶︎参考記事:http://asiaclick.jp/new/hkgrntswt-788

この記事を執筆してからおよそ三年経ちましたが、いまだに抹茶の流行りは続いているのです!その証拠に、京都宇治の歴史ある抹茶ブランドは続々と香港に出店をしています。そこで今回は、香港にある人気抹茶ブランド2つと新たな戦略についてご紹介したいと思います。

  • READ MORE

2017.08.08

你好(ネイホウ)!香港特派員の詩織です。

日本政府観光局(JNTO)の調査によると、2016年の訪日香港人観光客数は180万人以上で2015年より20.7%増加しています。観光・レジャー目的で日本旅行をしている人々は約89%であり、リピーター比率が81%と日本は海外旅行先としてとても人気なのです。香港では海外個人旅行(FIT)を好む人は大勢いますが、ツアー旅行(GIT)に参加する人もいます。そこで今回は、日本ツアーを販売している香港の大手旅行会社とツアーの特徴をご紹介し致します!

  • READ MORE

2017.07.14

みなさん、こんにちは!アジアクリック・PR事例特派員の堀田です。

先日、私の香港人の友人が旅行で九州地方を訪れました。実は友人が旅程を決定する際、旅マエ・旅ナカである問題があり困ったと話していました。日本の地方都市が外国人観光客を誘致するために行っているプロモーションは、その問題点が原因で十分に効果を発揮できずにいるのです! そこで今回は、地方都市のインバウンド強化への取り組みにある問題点と効果を伸ばすPR方法を解説致します。

  • READ MORE

2017.07.11

你好(ネイホウ)!香港特派員の詩織です。

6月15日〜18日の4日間、香港コンベンション・アンド・エキシビション・センターにて『第31回香港国際旅行展示会(ITE Hong Kong 2017)』が開催されました。一般公開日2日間の入場記録は、なんと89,750人!海外個人旅行(FIT)を好む来場者が多数訪れました。今回の展示会に出展した日系企業と自治体のブースは、 過去最多でした。そこで今回は、香港でこれから人気になりそうな日本の都道府県とその理由をご紹介させていただきます!

  • READ MORE

2017.06.16

你好(ネイホウ)!アジアクリック・香港特派員の詩織です。

最近香港には様々な海外の小売業の会社が進出し、出店をしています。つまり競合他社が多く存在しているため、香港の人々が魅力を感じるユニークポイントが必須だということができます。その香港に今年、初めて日本の人気ブランド『GU(ジーユー)』が2店舗出店しました。
そこで今回は、短期間で多くのSNSのフォロワーを集めた『GU香港』の効果的なPR方法とそのポイントをご紹介させていただきます!

  • READ MORE

2016.08.22

こんにちは、シンガポールからアジアクリック高橋学です。

今日はタイ・マレーシア・シンガポール・インドネシア・ベトナム・フィリピン・台湾・香港・中国といったアジア諸国のSNS事情を共有します。

  • READ MORE

2016.07.05

こんにちは、香港特派員Benです。

Facebookは未だに香港で最も人気のあるSNSです。今日は香港の企業がどのようにFacebookを活用して、その宣伝効果を得ているのか最新事情をシェアします。

  • READ MORE

2016.05.12

お久しぶりです!香港現地特派員の黄と申します。

今回は、香港から日本の人気観光地についてご紹介致します。

  • READ MORE

2016.03.25

ごきげんよう、香港特派員のしおりです。今回は、香港人を日本旅行に駆り立てる一番の要因である、日本のサブカルチャーについて、どのように香港で受け入れられているかについて書かせていただきます。

  • READ MORE

2016.01.22

アジアクリックの特派員、タイのエーさん、香港のしおり(マギー)、

シンガポールのロジャーが各国で流行している日本のサブカルチャーとその傾向について自身の趣味も交えつつ、

対談しました。

(3人の対談のまとめは最後にあります!)

  • READ MORE

2016.01.17

ごきげんよう、香港特派員のしおりです。

日本旅行を香港人がする上で、

航空券の次に考えるべき滞在先ですが、

最近ではその滞在先も種類が増えてきました。

  • READ MORE

2016.01.08

ごきげんよう、香港特派員のしおりです。

香港人にとって日本は常に人気の観光先で、どのような季節でも、香港人は日本への観光を楽しむことが出来ます。

とはいえ、一年に何回も日本旅行をしている日本通の香港人であっても、

いつも行く場所は決まって東京、大阪、京都といった都市部です。

 

今回は香港人にとって日本都市と地方の違いについて、

日本の魅力ある地方に香港人をどのように誘致していくかについて言及しながら書かせていただきます。

  • READ MORE

2015.12.27

こんにちは、香港特派員のベンです。

さて、今回は今話題のnetflixについて香港ではどのように受け止められているのかお話しします。 

  • READ MORE

2015.12.06

ごきげんよう、香港特派員のしおりです。

今回は、香港人の旅行情報収集方法と、旅行先の決め方についてお話し致します。

  • READ MORE

2015.11.15

こんにちは、香港特派員の黄です!

今回は香港の2015年のトレンドを紹介します。

  • READ MORE

2015.11.02

こんにちは、香港特派員のしおりです。

料理写真撮りとは、皆様はご存知でしょうか?

食事の前、まずは料理のみを撮影することです。

香港ではとても流行っていて、当たり前のこととなっているので、今日このことについて書きたいと思います。

  • READ MORE

2015.10.17

こんにちは、香港特派員の黄です。

香港は長い間世界のビジネスの中心地の一つとして栄えてきたので、

ビジネスで通用するマナーも世界スタンダート、つまり世界で通じるものが常識とされてきました。

時間を守る、プロフェッショナルに見せる自己ブランディング、会議で使用する書類の準備は一般の常識ですが、

今回は香港特有のビジネスマナ-を紹介します。

  • READ MORE

2015.08.27

こんにちは!香港特派員の黄(こう)です。

今回は、香港、台湾で使用されている言葉についてお話します。

  • READ MORE

2015.08.24

こんにちは、香港特派員のこうです。

もちろん、香港人によって、旅行を計画する時、日本は好きな目的地トップ5に離しないな。

それはどんな理由ですが?

  • READ MORE

2015.08.22

ごきげんよう、香港特派員のしおりです。

スマートフォンの普及をしながら、SNSの重要性も高くなっております。

今回は香港人も使ってるInstagramについて記事を書きます。

  • READ MORE

2015.08.10

ご無沙汰しております、香港特派員のしおりです。

皆様はお元気にしていらっしゃいますか?

五月末の頃、約1週間広島と山口へ旅をして、

香港人として魅力に感じた日本の地方についてお伝えさせていただきたいと思います。

  • READ MORE

2015.05.28

こんにちは!香港特派員の黄です。
今回は、私たち香港人が活用する人気のメディアと人気の理由について紹介します。

ソーシャルメティア(SNS)

1. FACEBOOK

香港でソーシャルメティアといえば、やばりFACEBOOKです。ユーザー数の多さ、マーケティングツールとして使用する企業も多いです。ダントツの人気を誇るソーシャルメディアです

 

2. INSTAGRAM

香港の若者たちの間で急速に人気が広まっているのが、Instagramです。香港人は歌手、タレントを含めてセルフィーのアップロードが大好きなので、セルフィーが中心です。また、商品の写真のアップなどを目的として企業アカウントも増えています。

 

3. WEIBO

ツイッターは香港では流行っていません。代わりに、中国で大人気のtwitterのようなウェイボー(微博, weibo) が中国大陸人とのビジネスをはじめとしたコミュニケーションを目的として使用されることが多いです。

ただ、香港人同士のコミュニケーションツールとしてはあまり使用されていません。


雑誌

hk

 

  • 100毛

日本ではまだあまり知られていないかもしれませんが、100毛は急速に成長しているメディア(雑誌)です。100毛は2つの意味があります。まずは、この雑誌は10香港ドルなので、100毛(中国元)です。もうひとつは、この雑誌で100本の短いコーナーを意味しています。100毛は若者向のコメディーメインの雑誌です、内容は流行している話題、ファッション、映画や音楽です。

 

  • Am730

香港の朝に道で配布されているニュース、エンタメ、スポーツがメインの無料新聞です。日本を含むアジアのエンターテイメントにも触れられるが、人気の秘密です。

hk2

  • Milk・touch

これらは若者向けの雑誌です。内容は、ファッション、音楽、映画などエンタメメインです。

 

hk3

 

ウェブサイト

  • com

今まさに新聞媒体から、蘋果日報はインターネットに移行しています。ウェブサイトではアニメを駆使した特徴を有しているので、“動新聞”と言われています。一度ウェブサイトを訪問してみてください!また、蘋果日報は香港にあるメディアの中では珍しい反政府を示しているので、市民の声をより堅実に伝えているメディアといえるでしょう。実際、FACEBOOKでのフォロー数は香港にあるページの中で一番多いです。

 

  • 高登フォルム(hkgolden.com)

たとえるならば、日本でいう2ちゃんねるです。元々コンピューター関連の情報サイトだったのが、2ちゃんねるのようにあらゆる話題をオンタイムで話す場に発展しました。ネットで流行る言葉はやはりここに由来するものがほとんどです。加えて、こちらのサイトに公開されたオンライン小説の中には、映画化されたものもあるのです。

 

  • 香港独立媒體(INMEDIAHK.net)

香港であるネットコンテンツサイトと言えば、香港独立媒體、破折号、輔仁、熱血時報など沢山のサイトがあります。その中で、香港独立媒體は成立した時間が一番長い、フォロー数も一番です。ニュースと作家のコーナーしかありません。このサイトは中立性が保留する為に、広告は一切ないです。 毎月小さい寄贈をもらって運営しています。

hk4

hk6

hk5

 

テレビ

  • TVB

いま、香港の地上波テレビ局はTVB一局しかありません。視聴者層は、若者というよりは、テレビ番組に親しんできた中高年向きです。

 

  • HKTV

HKTVはネットチャンネルです。放送ライセンスがないので、インターネットだけで放送します。去年から放送がはじまり、今日まで視聴率は徐々に上がってきています。中でもドラマはtvbのものより視聴者の視点により近いので、人気があります。

 

  • Nowtv

香港にいま二つのケーブルテレビ局があります、cabletvとnowtvです。nowtvは香港人が大好きなイングランドプレミアリーグを放送するので、視聴率は少々cabletvより高いです。加えて、中立的な報道にも定評があります。

hk7

hk8

hk9

いかがでしょうか。
香港マーケットにおいても、属性別に接触するメディアは異なります。
香港という小さな地域でも、メディアミックスが必要なようですね。

2015.04.16

こんにちは、シンガポールからHinaです。
現在、非常に多くの企業がアジア統括本部拠点を設置しているのはシンガポールと香港です。

どちらも。国際的なビジネス、金融、物流の中心地であり、主要市場へのアクセスのしやすさ、税制面や政府による各種支援などのメリット、高水準の法務・会計・IT関連サービスの他、有能な人材が集積し、業務遂行や生活面でのインフラなどが整っている等の点で多くの強みを有しています。

シンガポール・香港が、国際競争力やビジネスに適した国・地域のランキングで世界のトップ水準にランクされていることはすでに有名です。

上記2ヶ国・地域のいずれを選択するかについては、各企業にとって様々な観点があると思いますが、傘下の現地拠点の所在地や事業対象(候補)地域の戦略的重点や方針により、シンガポールは東南アジア、インド等南アジアやオセアニアとの関係を重視する企業、香港は中国本土や台湾などとの関係をより重視しつつ東南アジアを対象としたい企業に選考される傾向があると言えます。

また統括会社を設置する場合、シンガポールやタイの地域統括本部(Regional Headquarter)や中国の投資性公司には一定の設立要件(税制優遇条件を含む)があるのに対して、香港の場合はそうした要件はなく通常の会社に統括機能を付与することで自由な設計が可能になっております。そのため、どこに統括拠点を設けるかによって統括会社の形態は異なるので注意が必要です。

香港に設置される統括会社は、10年度税制改正で「外国子会社合算税制(タックスヘイブン対策税制)」の見直しがなされるまで「株式等の保有を主たる事業として営む法人」として日本で合算課税の対象となり香港の低税率(法人税率16・5%)を享受できない場合が多かったのですが、当該見直しにより一定要件を満たす統括会社はタックスヘイブン対策税制の適用除外となったため、税務コストの観点から香港に統括会社を設置する魅力が増しているのも事実です。

出典:www.huffingtonpost.com

香港に統括会社を設置するメリットとしては、前述の税務コストの低さの他に、まず周辺国へのアクセスの利便性が挙げられます。香港は地理的に東アジアの中心に位置するため、約4時間あれば東アジアの主要都市まで飛行機で赴くことが可能です。空港・港湾は非常に整備されており、香港は物流ハブとして空輸・海運ともに至便。香港—中国本土間であれば陸運も充実しています。

ただ懸念される問題としては、香港はシンガポールと並んで賃料や人件費等のビジネスコストがアジア・トップクラスであることには留意が必要です。(アジアクリックシンガポール/Hina)

 

2015.03.27

Hello!香港特派員の黄です。

今回は工場ビルについてお話します。香港は、一度製造業が中心にさせた町で、沢山の工場ビルを建ちました。80年代末、その製造業は徐々に中央大陸に移転しました。その結果は、香港で建ちました工場ビルは、廃棄になりました。

最近、オフィスビルと店舗の使用料が非常に増加しただめ、色々なビジネスはその工場ビルだちにに引っ越したごとは多くなります。いまどき、その工場ビルで、色々な店舗とレストランをはじめ、インドアサッカーフィールドや密室脱出ゲームとかの人気的施設もありました。

その再活性化された工場ビルは、一般的は市の中心部より遠いな地区にあります。交通は少し不便な事があっても、消費の価額はすこしやすいし、市の中心より詰め込めないし、みんなから注目されています。

その成功の一例は、荔枝角(ライチゴク)にある「程班長台湾牛肉麺」さんです。本来はそのとなりで働く人だちを目標にしますけれども、その美味しさはソーシャルメディアで拡げて、わざわざそこに行く人も多くなりました。
(^「程班長台湾牛肉麺」、工場ビルであっても人気があるお店)
あとは、観塘(クウントン)にある「飛龍(SFALO)サッカースタジアム」も大成功の例です。元々サッカー用品専門店のアウトレットで、店長の革新でインドアサッカーフィールドに改装されました。もし注目の試合が放送があったら、それで観戦するごともできます。(団体予約が必要)
(^「飛龍(SFALO)サッカースタジアム」、インドアサッカーと試合観戦もよい場所)

政府はその再活性化計画に関心することは言われないけど、火災安全と衛生方面の立法と管理がしました。つまり、この工場ビルであった新しいビジネスは、合法的な方は多数です。だがら、安心して行きます。hk3

hk2hk

2014.08.20

ごきげんよう、香港特派員のしおりです。
(しおりという名前は日本語での私のあだ名で、れっきとした香港人です)

6月末のこととなりますが、わたしは関西へ旅行しました。というわけで今回は、

「香港人はどのように日本を楽しむのか、また楽しんだのか」という体験レポートをお送りします!

  • READ MORE

2014.08.11

こんにちは、香港特派員のしおりです。

今回は香港人向けウェブサイト制作についてお届けします!

香港人が普段使うのは繁体字なのですが、最近のウェブサイトではちょっと事情が変わってきています。

  • READ MORE

2014.07.14

マジュラ シンガプーラ!
Hina からのシンガポール最新情報です。

一昨年、SNSをうまく利用したPRが香港でありました。

今日はそれを例に、シンガポールでのSNSを活用したPR戦略の可能性について探っていくことにしましょう!

  • READ MORE

2014.07.09

ごぎけんよう、香港特派員のしおりです。

先月の12日~15日に、香港で旅行博「香港國際旅遊展 (ITE)」(日本語版のページもあります!)が開催されました。今日はその様子をレポートします!

  • READ MORE

2014.06.20

ごきげんよう、香港特派員のしおりです。

今回は香港で開催中の、日本のあの監督の作品展覧会に行ってきました。
彼のいるアニメスタジオの作品は、香港人にどのように親しまれているのでしょうか?

  • READ MORE

2014.06.11

ごぎげんよう、香港特派員のしおりです。(しおり、は私の日本語でのあだ名です!)

初記で日本が旅先として香港人には大人気だと書きました。
さて、その香港人は日本ではどこに行くのでしょうか?

  • READ MORE

2014.06.03

ごきげんよう、香港特配員のしおりです。

今回も、香港でいま流行っているものについて引き続き紹介しようと思います。

実は他の特派員も紹介していたアレです!

  • READ MORE

ASEANのチャットアプリ事情、LINE、wechat、BBM,Whatssapp

2014.05.20

ごぎけんよう!香港担当のしおりです。

今回の記事から香港ではやっているものについて紹介しようと思います。

まずは、香港人がよく使うチャットアプリからです。

  • READ MORE

2014.05.12

みなさん、はじめまして!香港特派員のしおりです。
しおり、という名前は本名を基にした日本語のあだ名で、香港生まれ香港在住・日本語勉強中の香港人です。
これが初記事ですが、香港と日本の絆をもっと繋ぎたいという思いを込めて、頑張ります!これからもよろしくお願いします。

初記事のテーマは「香港人が旅行先として日本を選ぶ理由・選ばない理由」です!

  • READ MORE

2014.05.08

香港が1997年に中国へと返還されて早17年。
中国の経済発展とともに益々中国大陸化する香港の、最新ソーシャルメディア事情をお届けします!

  • READ MORE

OUR CLIENTSお客様情報

  • 東北観光推進機構アセアンレップ

  • 株式会社学研プラスfacebook運用サービス

  • クラブツーリズム株式会社ASEAN市場トレンド調査

  • 中小企業整備基盤機構Web調査及び宿泊事業者支援