東南アジアでのSNS運用代行、調査、PR、訪日客誘客支援

特派員レポート資料請求・お問い合わせ

REPORT特派員レポート

  • HOME
  • REPORT
  • ソーシャルメディア(SNS)

ソーシャルメディア(SNS)

2018.01.19

みなさん、こんにちは。アジアクリック・PR事例担当の堀田です。

以前、ASIACLICK NEWSではインフルエンサー(影響を与える人)と言われているブロガーやYoutuberと協力して商品を宣伝するのは、日本だけではなく、海外でも有力な宣伝方法の一つであるということをお伝えしました。

詳しくはこちら▶︎▶︎ http://asiaclick.jp/new/koreaandjptourism-4929

http://asiaclick.jp/new/koreaandjptourism-4929

インフルエンサーを通してPRする際消費者目線で考えることがほとんどですが、2016年末の米国・The Economistの記事では、インフルエンサーの目線で「どのような宣伝方法が一番収益があるのか」ということについて紹介をしています。最も収益があるということは、最も多くの人々にリーチができ、効果があるということですよね!そこで今回は、ソーシャルメディアで効果を発揮しているPR方法をご紹介いたします。

  • READ MORE

2017.08.04

アニョハセヨ。アジアクリックPR事例担当の堀田です。

日本政府観光局(JNTO)の発表では、2016年の訪日韓国人観光客数は過去最多に達し、500万人を超えました。円安の影響で前年に比べて約30%増加したそうです。私の韓国人の友人の間でも、日本へ遊びに行く人が増えています。そこで今回は、私の4年間の韓国在住経験と韓国人友人の意見から、「韓国人は日本への旅行で何を求めているのか」ということを明らかにしていきます!

  • READ MORE

2017.07.28

みなさん、こんにちは。アジアクリックPR事例特派員の堀田です。

東南アジアの国をターゲットとしてPRする際に、FacebookやInstagramといったSNSでのPRが重要であるということは、弊社の「ASIACLICK NEWS」の多くの記事の中でご紹介してきました。もちろん、SNSの普及率が高いということはその理由の一つです。しかし、それだけではなく彼らのSNSの利用方法も大きく影響しています。

そこで今回は、日本人と東南アジア人のSNSの利用から見える各々の考え方を比較し、SNSが重要と言われる核の理由を解説致します!

  • READ MORE

2017.03.07

こんにちは、PR事例特派員のAyaです。今回は、マレーシアで人気の『Health Lane Family Pharmacy』のPR方法についてご紹介致します。

  • READ MORE

2017.03.06

Xin Chao!ベトナム担当の櫻井です。

みなさんご存知の通り、ベトナムではSNSの中でFacebookが最も多く利用されています。しかし近年「Instagram」の利用率が増加しており、そこに注目した『Boft』が提供するサービスが人気になりつつあるのです!

そこで今回は、『Boft』の戦略から見えてきた2つのキーワード、①若者②ハッシュタグについてご紹介します。

  • READ MORE

2017.02.08

セラマソレッ!アジアクリック・インドネシア特派員のルキです。

2016年はインドネシアにおいて日本食がぐっと身近になりました。そして、2017年もジャカルタ上陸予定の日系フランチャイズ飲食店があると聞き、日本食好きのインドネシア人たちは今から待ちきれません。

しかしながら、多くの日系飲食店が上陸する中、もちろん全ての飲食店が成功を収めるわけではありません。

オープン1年以上がたっても、週末には行列となるお店は、フェイスブックやインスタグラムなどSNSを上手に活用していると言えます。その代表例として今回はIPPUDO(ラーメン一風堂)をご紹介いたします。

  • READ MORE

2017.01.10

こんにちは、PR事例特派員のAyaです!

今回は、BORDERSの実施しているSNSを利用したキャンペーン戦略についてご紹介致します。

  • READ MORE

2016.12.26

こんにちは、PR事例特派員のAyaです。

今回は、オーストラリアのThe Terrace Hotel – Perthがフェイスブックで行ったボードゲームのキャンペーンページ事例をご紹介致します。

  • READ MORE

2016.12.19

こんにちは!インドネシア現地特派員のRonaldです。今回はインドネシアにおけるデジタルビジネスの市場とソーシャルメディアについてご紹介させて頂きます。

  • READ MORE

2016.11.04

こんにちは、インドネシア現地特派員のRonaldです。今回はインドネシアのスマホゲームについてご紹介させて頂きます。

  • READ MORE

2016.10.11

こんにちは、アジアクリックSNS企画担当のチビタです。最近海外PRに関して複数のFacebookページを一つにする手法についてご質問が多いので下記に記しましたのでご参考下さい。

  • READ MORE

2016.10.03

みなさん、こんにちは、アジアクリック、タイ特派員のエーです。

今回は、現在タイでOLさんなどを中心に爆発的人気の日本デザートショップの宣伝方法についてご紹介させていただきます。

  • READ MORE

2016.09.22

こんにちは、PR事例特派員のAyaです。

今回から7回に渡って欧米のSNS利用法や現地のPR事情についてご紹介させて頂きます。

  • READ MORE

2016.09.08

こんにちは、PR事例特派員のAyaです。今回は楽天のインドネシア撤退に関する事例をご紹介させて頂きます。

  • READ MORE

2016.09.01

こんにちは!PR事例特派員のAyaです!

今回は、日本の大手コンビニチェーンのセブンイレブンがインドネシアで店舗展開に苦戦する理由と、インドネシア進出の際に気を付けたいポイントをご紹介させて頂きます。

  • READ MORE

2016.08.25

こんにちは、PR事例特派員のAyaです。

今回はG Michael Salonというインディアナポリスにあるヘアサロンのフェイスブックを駆使したPR事例をご紹介致します。

  • READ MORE

2016.08.22

こんにちは、シンガポールからアジアクリック高橋学です。

今日はタイ・マレーシア・シンガポール・インドネシア・ベトナム・フィリピン・台湾・香港・中国といったアジア諸国のSNS事情を共有します。

  • READ MORE

2016.08.08

こんにちは、シンガポールからアジアクリックの高橋学です。

今日は訪日外国人観光客が見ている口コミについてお話しますね。

 
  • READ MORE

2016.07.21

こんにちは、PR事例報告員のAyaです!

今回は、台湾発のタピオカドリンクチェーン店Chatimeがマレーシアで行っているSNSを活用したPR事例をご紹介させて頂きます。

  • READ MORE

2016.07.20

こんにちは、PR事例報告員のAyaです。

今回は、インドネシアのPR事例の特徴についての事例をご紹介致します。

  • READ MORE

2016.07.05

こんにちは、香港特派員Benです。

Facebookは未だに香港で最も人気のあるSNSです。今日は香港の企業がどのようにFacebookを活用して、その宣伝効果を得ているのか最新事情をシェアします。

  • READ MORE

2016.06.15

スラマットシアン! ジャカルタ特派員のルキです。

インドネシア大手財閥のサリムグループ社長の息子であるAXTON SALIM氏が自社の限定新商品CHITATOCHIPSを自分のアカウントからPRする活動が目立ちました。

  • READ MORE

2016.06.08

スラマットシアン! インドネシア特派員のルキです。

インドネシアで一番人気のSNSツールはWhatsAPPですが、

それと同じぐらい人気になりつつあるツールは日本で人気のLINEです。

  • READ MORE

2016.06.01

スラマットシアン! ジャカルタ特派員のルキです。

インドネシアでは日清カップヌードルが新発売され現在大変話題となっています。

口コミの流通経路となった日清インドネシア社がチャットアプリLINEを活用して行っているPR事例を紹介いたします。

  • READ MORE

2016.01.15

こんにちは、タイバンコクからアジアクリックの高橋学です。
本日はFacebookの外国語化、特に人気の高いタイ語についてプロの翻訳家でありFacebook等タイのプロモーションの専門家、ピーラワット・エーさんにお話をお伺いしました。

 

  • READ MORE

2015.12.11

サワディーカップ、タイ特派員のエーです。

皆さん、ご存知だと思いますが、世界で一番大きいSNSはFacebookでタイでも一番人気 です。最新の調査でタイ人女性は結婚出産などライフステージ (人生階段)で投稿内容が大 きく変わるということが判明。Facebook広告のターゲティングなどファンの発掘・囲い込みに活かせそうですね!

  • READ MORE

2015.12.02

こんにちは、インドネシア特派員のロナルドです。

インドネシアだけではなく、

ここASEANではインターネット動画を楽しむことは既に生活の一部であり、

一昔前の動画を特別なショーのように皆で一緒に見るということはなくなりました。

  • READ MORE

2015.11.27

表は、ASEAN(タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシア・ベトナム・フィリピン)観光客によく使われているSNS(ソーシャルメディア)です。

つまり、彼らは日本旅行の口コミをこれらで拡散したり相談したりしているのです。

  • READ MORE

2015.11.22

大家好,台湾特派員のチャニンです。

今回はSocial Networking Service (SNS)の人気トレンドを駆使して、

台湾の有名人になれるケースをについてお話ししましょう!

  • READ MORE

2015.11.20

サワディーカップ、タイ特派員のエーです。

マーケティング3.0という言葉はこの4−5年間の間によく聞かれる言葉になったと思いますが、

1.0と2.0とどのように違うか分かりやすく説明すると、

マーケティング1.0は「商品中心」のマーケティングで、品質を宣伝することを重視し、市場を一律のマス市場と捉える考え方です。

マーケティング2.0は「消費者志向」のマーケティングです。

「お客様 は神様」という時代で多様化した消費者ニーズを満足させることです。

  • READ MORE

2015.11.07

こんにちは。ラオス特派員のChinです。

今日はラオスで人気のアプリトップ3についてご紹介します。

ここラオスでは他のASEAN諸国と同様にSNSがとても人気で、

既に生活の一部となり、人気のアプリトップ3も、Facebook、WeChat、Whatsappと、チャットアプリが占めています。

  • READ MORE

2015.11.02

こんにちは、香港特派員のしおりです。

料理写真撮りとは、皆様はご存知でしょうか?

食事の前、まずは料理のみを撮影することです。

香港ではとても流行っていて、当たり前のこととなっているので、今日このことについて書きたいと思います。

  • READ MORE

2015.11.01

大家好、台湾特派員のチャニンです。

ここ台湾では、現在スマートフォンのユーザーが高齢者層にも広がり、ますます拡大しているわけですが、

やはり気になるのはどのようなアプリが使われているかですよね。

台湾アプリのトップ5をご紹介いたします。

  • READ MORE

2015.10.30

こんにちは、シンガポール人マーケターのRogerです。

前回に続き、SNS戦略について、Facebookの人気の秘密を探りながら見ていきます。

  • READ MORE

2015.10.28

こんにちは、シンガポール特派員で、普段はアジアクリックのオンラインマーケティングを担当しているRogerです。

今回は私が展開しているマーケティング戦略の背景ともいえる、SNS戦略についてお話しさせていただきます。

  • READ MORE

2015.10.27

サワディーカ!この度タイ特派員に就任しました、Kavalinです。

東京大学にも留学経験があり日本にはとても親しみを感じているので、双方の理解を促せれば幸いです。

さて、

今回は今日のタイにとってソーシャルメディアがどれほど重要な地位を占めているのかということを私の経験から書かせていただきます。

  • READ MORE

2015.09.25

こんにちは!シンガポール特派員のHinaです。
今日はシンガポールでどのような媒体がシンガポールで有効なのかさぐってみるべく、
まずはシンガポールでのデジタルメディア利用率、媒体、その他を調べてみようと思います。

  • READ MORE

2015.06.08

前回、日本以上にFacebookが広く使われているASEANマーケットでは、Facebookを活用するのがB2Cにおいて有効だと説いた。

1,消費者の囲い込み(Facebookファンの獲得)

2,ファンへのブランディング

3,ファンへ購入機会やイベントの告知

4,更なる新しいファンの獲得(口コミ)

5,ロイヤルカスタマー化

今回は具体的にFacebook活用方法1〜5を説明していきたい。

 

1,消費者の囲い込み(Facebookファンの獲得)

どの市場の誰が自社商品に反応があるかわからない。そんな声をよく聞くからこそ、まずはタイ・マレーシア・シンガポール・インドネシアなどASEAN主要国向けにFacebook広告を打ってみよう。現在の1いいね!獲得単価は30〜60円ほどだ。 

結果、ファン属性→リーチ数→エンゲージメント数を見て、どの都市のどんな民族に自社商品・サービスが有効なのかが見えてくる。

 もっと深堀りしたければ、アンケートキャンペーンを行ってみよう。

当初は英語だけでも構わない。いずれも、無料で・かつ自社でできる内容である。

 

2,ファンへのブランディング

Facebook上での数ヶ月のファン集め及びファン分析、ヒアリングが一段落して自社Facebookファンが何を望んでいるか見えてきたら、ファンの需要の解決を行っていこう。

具体的には「お役立ち情報」を連載するのである。

商品が車なら、車で行ける楽しい場所の提供や、

商品がラーメンなら、ラーメンに合う組み合わせの提案、

商品が観光地なら、お土産情報など

ファンが何を望んでいるかによって変わっていくが、Facebookは「感謝と応援のメディア」であることから顧客の課題の解決を投稿とコメント欄でのコミュニケーションを通して行っていくことがブランディングとなっていく。

 

3,ファンへ購入機会やイベントの告知

ブランディングをしつつ、5日に1度位の頻度で購入の機会を提示しよう。

どんな素晴らしい商品も、手に取る機会がなければ買いようがない。毎日ではうんざりされてしまうが、5投稿の内1投稿は、お店の周辺の紹介、イベントやキャンペーン告知をしていこう。その際も前項「顧客の課題解決」志向であること、その商品を購入すると何が解決したり何が変わるのかを示すことが重要である。


4,更なる新しいファンの獲得(口コミ)

顧客・ファンの課題解決をしていくと、どうなっていくだろうか。

「このFacebookページ・商品はいいよ」とFacebook上で口コミが起こるのである。

一説に、他人からの推薦は自己推薦の何倍もの信頼を生む、とある。まさに自身の家族友人から知らされたお墨付きによって、あなたのFacebookページに更なる新しいファンが集い、変わらずFacebook上で可能な課題解決という名の投稿とコメント欄でのコミュニケーションを行っていく。

 Facebookだからといって、対面で行う営業活動と変わりはないのである。

しかし、日本からブランディング及び顧客の忠誠度を上げる活動ができる。

 

5,ロイヤルカスタマー化

最終的に、いかに自社商品を愛し、リピートし、新しい顧客を紹介してくれる大ファン=ロイヤルカスタマーをひとりひとり増やしていけるかが、ASEANに限らず企業活動の最終目的の一つである。Facebook上に限らず、応援してくれるファンには御礼のメッセージを送ったり、サプライズとして御礼の気持ちを贈ったり、一般のファンより優遇しよう。2:8の法則もある通り、ほんの僅かなロイヤルカスタマーが、ほとんどの売上に貢献してくれるものである。彼らが、一般のファンと同じ扱いなのは、ロイヤルカスタマーの心理として不公平というものである。

facebook-mobile-instagram-645x250

 

Facebookの機能、ASEAN諸国における中間層への浸透率がこれら1〜5の「顧客を見つけ、育てる」ことを可能にする。
Facebook広告を使わざるを得ないという制約はあるが、その他は無料で使え、かつ見込顧客獲得の費用対効果は、現時点でGoogle広告と並んで最も高いメディアである。
掲示板の役割を果たす現地向けホームページと合わせて、顧客を見つけ仲良くなれるメディアであるFacebookページを開設し、日本からASEANへの一歩を踏みだそう。

(アジアクリック/高橋学)

OUR CLIENTSお客様情報

  • 東北観光推進機構アセアンレップ

  • 株式会社学研プラスfacebook運用サービス

  • クラブツーリズム株式会社ASEAN市場トレンド調査

  • 中小企業整備基盤機構Web調査及び宿泊事業者支援