ASEAN複数国におけるPR事業エキスパート

ASEAN訪日ブログ 資料請求・お問い合わせ

ASEAN訪日ブログREPORT

 【飲食店は必見】マレーシアで話題のタピオカ店Facebookに学ぶアジアPR事例

こんにちは、PR事例報告員のAyaです!

今回は、台湾発のタピオカドリンクチェーン店Chatimeがマレーシアで行っているSNSを活用したPR事例をご紹介させて頂きます。

Picture4

 

 

 

 

Chatimeは台湾に本店を持つタピオカドリンクの専門店で、60種以上のフレーバーと購入者の好みに合わせて甘さを調節して貰える点、そしてスターバックスよりも手頃な値段で楽しめるという点も相まって人気を着実に伸ばしています。

アジアでは台湾の本店をはじめ、インドネシア、シンガポール、日本、フィリピン、マレーシアなどに店舗があります。

ChatimeのFacebook公式ページのChatime Malaysiaでは、フレーバーの紹介や1BUY 1FREEキャンペーン情報などの掲載の他に、コメントしてくれたユーザーとのコミュニケーションもまめに行っているのが大きな特徴です。

Picture5

 

 

 

 

マレーシアの他にもアジアでは、質問への返答率や返答時間も“良いサービスの指標”として評価されます。SNSは今や趣味のツールではなく、顧客とのコミュニケーションの一大手法として定着しているのです。

Picture6

 

 

 

現地の方とコミュニケーションを取ることは、貴重な現地情報を入手できることに繋がります。そして、何より話題性や口コミ情報を広げることに役立ちます。

高品質できめ細やかな日本製商品・サービスだからこそ、一方的な情報発信だけでなくSNSだからこその顧客との会話でロイヤルカスタマー化を目指しましょう!

 

私たちアジアクリックも現地で応援致します!