ASEAN複数国におけるPR事業エキスパート

ASEAN訪日ブログ 資料請求・お問い合わせ

ASEAN訪日ブログREPORT

 Indomaret Sobatに倣うインドネシアで有効なオンラインマーケティングとは?

こんにちは、インドネシア特派員のロナルドです。

突然ですが、Indomaretを皆様ご存知でしょうか?

インドネシアにいらっしゃったことがある方ならご存知かもしれませんが、

インドネシアで最もよく見かけるコンビニエンスストアの一つです。

Indomaretは顧客の高い利用率、広告に力を入れ、他の広告業者と行っているマーケティングに定評があります。

Indomaretの一番の競合はAlfamartですが、

Alfamartは中流階級層に向けて、一人当たりの単価を上げようと地元紙やラジオ放送を用いたいわゆる「伝統的」なマーケティングを行いました。

しかし、ここインドネシアでは今日ではオンラインを用いたマーケティングが主流となっているため、

「伝統的な」マーケティングはあまり効果がなかったとAlfamartも認める結果になってしまいました。

対して、IndomaretはSobat IndomaretというオンラインキャンペーンをFacebookとInstagramを中心に展開しました。

FacebookやInstagram、Googleで使用した検索ワードをもとに、

ユーザーが関心を持つであろうIndomaretの商品を公式サイトでユーザーに向け提示するというものです。

6

 

 

 

 

 

 

 

 

加えて、公式サイトには、

自撮り写真を加工したり、オリジナルのゲームで遊べるといった工夫を施し、

このキャンペーンによる加工サービスが使われた写真を表彰したり、身近で楽しめるキャンペーンを展開しました。

18

 

 

 

 

 

 

この場合、身近に楽しめる要素を散りばめたという点がカギで、

商品を買うことでより楽しみ方が増えるIndomaretに消費者をより頻繁に参加させることで店舗に呼び寄せることが出来たという点で成功を収めたと考えていいでしょう。

 

特に、①写真、②消費者に商品を届けるのではなく、

消費者の関心に合う商品をおすすめする、という2点に関してはインドネシアにおけるオンラインマーケティングの秘訣です。

(アジアクリック.インドネシア担当/ロナルド)