ASEAN複数国におけるPR事業エキスパート

ASEAN訪日ブログ 資料請求・お問い合わせ

ASEAN訪日ブログREPORT

 【インドネシア】台湾発のタピオカ専門店『KOI』!SNSに投稿されるある写真が消費者獲得の秘密?!

セラマソレッ!アジアクリック・インドネシア特派員のルキです。

最近インドネシアでは、台湾発祥のタピオカドリンクのお店『KOI』が人気を集めています。『KOI』がどのような戦略で人気となったのでしょうか?実は、SNSに投稿されているある写真がポイントなのです!

そこで今回は、実際のFacebookの記事を紹介しながらそのポイントを明らかにしていきます。

・『KOI』とは??

2006年に台湾の台中でオープンした、タピオカ専門店です。2007年にシンガポールに進出してから、今や中国・インドネシア・カンボジア・ベトナム・香港・タイ日本にも店舗があります。

タピオカだけでなく、ティーラテやマキアートなどもあるため、メニューの数は60種類で、甘さも6段階から選ぶことができます。価格も国ごとに異なり、リーズナブルな値段設定となっているのです!

また、創業者が世界中を旅している際、故郷のお茶が恋しくなったことが創業理由というストーリー性のあるお店です。(公式HP:http://www.koicafe.com/jp/)

 

・実はインドネシアでは異文化?!

インドネシア人が行きたい飲食店を選ぶ上で最も気にしているのは、「行列」です!

「行列」というシーンを、日本で多くテレビやインターネットでみたことがあるインドネシア人は多いです。実はインドネシアでは、元々並ぶという文化がありません。つまり「行列」はとても異文化であり、興味を持つといえます。しかし最近ではそういった異文化が、首都ジャカルタで文化の一部になりつつあるのです。

5

 

 

 

 

 

6

 

 

 

 

 

↑実際の行列の様子

 

インドネシアでは「多くの人が並ぶほど人気である」という情報を消費者へ与えることで、飲食店は人気となります。

つまりSNSを用いて、まだ訪れたことのないお客様にどのように人気度をアピールできるかがポイントとなってくるともいえます。

今、インドネシアで『KOI』は店舗を急激に増やし大変人気があります。その人気は、初めてインドネシアにタピオカドリンクを導入し最も人気だった『CHATIME』を越えた、とも言われているほどです。

弊社では、SNS開設・運用の代行も行っております。ASEANと東アジア各国に駐在する日本語のできるローカルスタッフがみなさまのお手伝いをさせていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

(アジアクリック・インドネシア特派員/ルキ)