東南アジアでのSNS運用代行、調査、PR、訪日客誘客支援

特派員レポート資料請求・お問い合わせ

PROFILE特派員プロフィール

PROFILE特派員プロフィール

ベルダ

About Market: ASEAN10ヵ国の全人口の約4割を占める大国インドネシアは、約2,5億人の人口を擁し、世界第4位となっております。そのうちわずか3%しか占めていない華僑が経済の9割を握ると言われています。インドネシアは250以上の言語、約300の民族が暮らし、88%の人口はイスラム教、その他、キリスト教、仏教、ヒンズー教など、建国時、多種多様な人々を一つの国としてまとめるために国是として掲げられたのは「多様性の中の統一」でした。天然資源に恵まれ、石油・天然ガス、石炭など、日本にとって重要なエネルギー供給であります。
全人口の30%(7,400万人)は中間層・富裕層であり、10年後大きく拡大していきます。2020年までに中間層・富裕層は約1億4,100万人、人口全体の53%に達する見込みです。平均年齢は30歳(日本は46歳)と巨大で勢いのある市場で、日本にとって魅力的なマーケットと言えます。またこの6年間、訪日インドネシア人観光客の数は3.5倍も増え、今後もさらなる増加が期待できます。
インドネシアは世界最大の親日国家とも言われており、首都ジャカルタではアイドルグループAKB48の姉妹グループJKT48が活躍しています。本年は日本とインドネシアが国交樹立60周年を迎えます。両国は、長い間友好関係のある戦略的パートナーで、政治・経済・文化などさまざまな分野で協力を強化してきました。
About me: インドネシア・スラバヤ市出身。英文学科卒業後、中国へ留学。
多言語・多文化の中で生まれ育ち、9年間日本の商社に勤め、2014年に退職。その後、日本とインドネシアの架け橋となることを目的とし、インドネシアへビジネス展開を検討している日本企業に様々な支援サービスをしております。日本とは異なる海外独自の商習慣など、異文化のビジネスコミュニケーションをサポートいたします。
Visitor Message: 総人口数は世界4位と市場規模が大きいインドネシアでは、無宗教が禁止され人口の約8割がイスラム教徒です。そのため、進出時は現地の文化に十分配慮してプロモーション等を行う必要があります。インドネシアで生まれ育たなければわからないことが沢山あります。皆様がインドネシア進出をスムーズに行い、且つ成功するようお手伝いさせて頂きます。

竹内弘美

About Market: シンガポールはマーケットが小さい(人口561万人)のためサービス業・貿易業・税制の恩恵を受けるための法人が多く存在しています。高学歴社会のため多言語を話す優秀な人材が多い半面、他民族国家のため幅広い外国人の人材が揃っています。今まではシンガポールを拠点に東南アジアへ拡張するというビジネススタイルが主流でしたが、最近ではアメリカとヨーロッパの間にあるシンガポールに本社を移動させ、アジア以外の国にもビジネスを広げる企業が増えています。その結果、日本人+外国人の役員や株主の登記が増え、個人事業主や中小企業にも国際化が目立っています。また、シンガポールでも新しいビジネス(仮想通貨・ブロックチェーン・アプリなど)に関連する法人設立が増加傾向にあります。
About me: ロンドン大学ロイヤル・ホロウェイを卒業し、シンガポール在住歴10年です。幅広い経験・知識・人脈と東南アジア市場の最新情報をフル活用して、皆様の海外進出をサポート致します。実際、業種を問わず大小様々な企業や起業家を中心に、100社以上もの法人設立をサポートしてきました。設立後もビジネスパートナーや役員、マネジメントなど様々な形で多くのプロジェクトに携わっております。銀行とも強いネットワークを持ち、口座開設は100%成功、労働ビザなく個人口座も開設するなど様々なノウハウを所持しております。総務サポート、会計、税務業務のみならず、ITサポート、不動産、市場調査、ご家族のサポートまでと幅広く対応可能です。
Visitor Message: 低税率17%の恩恵を受けるためにシンガポールに進出される際には、法人税制が毎年変わるためしっかりと確認をする事をお勧め致します。
1.2019年賦課年度までは実行税率8.36%が2020年賦課年度以降は11.19%と増税になりますが、所得控除の拡大の税制も行われています。ビジネスプランにどの税制がいつ適応されるか調べることがポイントです。
2.GST(付加価値税)に関して、現行の7%が2021年から2015年の間に9%に引き上げられる可能性があります。また、海外企業のサービス系ビジネスがシンガポール国内で消費された場合は、この消費税の登録会社となる税制が追加されています。

サンディー

About Market: マレーシアの市場には、様々なビジネスに対して非常に大きな潜在需要があります。食品、化粧品、ヘルスケアは多くの投資家を魅了している分野です。マレーシアのトレンドを知り、ライフスタイルも理解していれば、ここでビジネスを始めるのは非常に有益です。
About me: 私は中華系マレーシア人で、マレー語・英語・広東語・中国語・福建語を話すことができます。最近新たな言語として、日本語を勉強しています。主にSNS運用の記事の作成、メルマガやリーフレットのデザイン、イベントの企画や運営を担当しています。
Visitor Message: 企業は利益のためではなく、価値創成のために顧客エンゲージメントを高めていくべきだと考えています。最も価値のある資産は商品ではなく、顧客です。市場を理解するということは、その市場に入り込み一部になることです。マレーシアの市場は多種多様で国民の文化が独特であることから、他国とは大きく異なります。文化の差が大きいため、これはマレーシアに進出したい日本企業が直面する課題の1つです。マレーシアには様々な宗教や人種があるので、デリケートな事柄が多く慎重に扱う必要があります。マレーシアのトレンドと市場の需要絶え間なく変化しているため、人とのつながりを持ち、最新の傾向を常に知っておくことが肝心です。

エー

About Market: 現在のタイはSNS大国で、オールドメディアを利用しての情報発信は困難となっています。携帯電話契約数は1億1,800万件で人口普及率は 175.5%と、Webを活用したe-コマース、FacebookやLINE のようなSNSを利用した販売や販促活動が普及しています。更にキャッシュレス化への移行が進んでおり、大手銀行が振込手数料を無料化しました。今後ますますデジタル化が加速していくと考えられます。
About me: 日本のPOP-CULTUREや技術が大好きなタイ人で、専門は日本語の通訳です。旅行博でのブース運営、イベントの企画、視察同行、グループインタビューなど幅広く担当しております。広い世界を歩いて写真を撮ったりするもの好きで、写真に関するイベントは特に得意としています。
Visitor Message: タイ市場の紹介で述べたように、タイではSNSでの情報発信がキーとなります。しかしただ発信するだけでは、情報が溢れているSNSでは印象も弱く響きません。タイ人ならではの行動を把握、そして理解した上で興味を持たれるような方法や内容で顧客にアプローチする必要があります。

ロシエル

About Market: フィリピンでは東アジアと太平洋地域で、最も活発に経済が動いています。ビジネスでは企業運営上の業務やビジネスプロセスを専門企業に外部委託するBPO、不動産を含むサービス部門及び金融、保険業界で顕著な業績を誇っています。フィリピンの経済は世界で34番目の規模で、2017年の国内生産の推定額は348.593百万ドルです。主要の輸出国はアメリカ、日本、中国、シンガポール、韓国、オランダ、香港、ドイツ、台湾、タイです。US News&World Reportの調査によると、フィリピンは「投資の最良国」と報告されています。フィリピン全体では調査された80ヶ国のの内、49位にランクインしています。
About me: 現在、会計アソシエイトとしての経験を積んでいます。私の専門は主に売掛金分析です。アジアクリックの特派員として、日本企業のフィリピン進出の支援もしております。
Visitor Message: 今日の人口や文化の多様化によって需要が高まるにつれて、国家間の相互関係が深まり、経済が強化されます。そのため、日本企業が事業を拡大することはフィリピンに良い影響を及ぼします。

マギー

About Market: 香港は世界的な金融都市として、ビジネスが成功しやすい環境であることで知られています。近頃香港には、様々な日本企業が進出しております。香港の日本企業市場はさらに豊かになっていると体感しております。
About me: 観光専門学校を卒業し、日本でのワーキングホリデー経験もあります。そのため、ビジネス・観光・宿泊の知識及び経験値をレベルアップさせることができました。日本の観光情報を香港に発信し、日本と香港を繋げることが私が目標としていることです。日本の良さをより香港の人々に周知させに、香港の良さも日本にお伝えしたいです。
Visitor Message: 香港をターゲットとしたインバウンド、香港への視察・進出をする際は私が皆様の香港のパートナーとして支援致します。

OUR CLIENTSお客様情報

  • 東北観光推進機構アセアンレップ

  • 株式会社学研プラスfacebook運用サービス

  • クラブツーリズム株式会社ASEAN市場トレンド調査

  • 中小企業整備基盤機構Web調査及び宿泊事業者支援